コーヒー

カフェインの過剰摂取が流産を招くという調査結果が話題になっています。

もちろん流産の原因はカフェインだけではありませんが、少しでも流産のリスクは取り除きたいものです。

そして、現在、不妊治療中の方もカフェインとの付き合い方を見直して頂ければと思います。

■眠気覚ましの定番、そもそも「カフェイン」とは?

眠くなったら眠気覚ましでコーヒーを飲む、お茶を飲む、などと言う経験をしたことがある方も多いかもしれません。

カフェインとは“アルカロイド”と呼ばれる有機化合物の一種であり、中枢神経、すなわち脳に作用することで精神神経系を興奮させる働きがあります。

その作用によって眠気を取ってくれたり、集中力を高めたりと、日常生活の中で欠かせないという方も多いのではないでしょうか?

カフェインはコーヒーに多く含まれているというイメージですが、実際には緑茶や紅茶、チョコレートなどにも含まれており、実に身近な物質であるということが言えます。

また、なかなかイメージが沸かないかもしれませんが、医薬品などにも使用されており、“無水カフェイン”として風邪薬の中にも含まれていることが多くあります。

場合によっては、偏頭痛の治療薬としても用いられることがあります。

■カフェインの過剰摂取による影響

カフェインは適量摂取すれば脳を活性化させ、集中力が高まるものとされていますが、過剰摂取すると、頭痛や吐き気、眠れなくなる、心拍数が増加するなどの症状が出てきてしまうことがあります。

おおよそ摂取目安は以下の通りとなります。

・成人:自分の体重1kgにつき、1日に5.7mg
・小児~青年:自分の体重1kgにつき、1日に3mg
・妊婦・授乳婦:1日200mgまで

では実際に飲料に含まれているカフェイン量はどれくらいなのかの目安も表します。

・緑茶ペットボトル1本分:60mgから100mg
・紅茶ペットボトル1本分:約94mg
・インスタントコーヒー1杯:約62mg
・コーヒー(豆からの抽出)1杯:約95mg

 

エナジードリンクとなると、これらよりも多くのカフェインが含まれております。

また、カフェインには軽いものですが、依存性や耐性が形成されると言われています。依存性とは、カフェインを摂取しないとカフェインが欲しくて仕方なくなってしまうようなもの。

耐性は、カフェインを摂取しても効果が感じられないと言ったもので、徐々に摂取量が増えてしまうようなものを言います。

■「妊娠前から計画的」にカフェイン摂取量を減らすのが理想

妊婦生活に入るまでの生活習慣で、ほぼ毎日のようにカフェインを摂取していたのに、妊娠がわかったらすぐにカフェインを止めるという方も少なくありません。

しかし、前述したようにカフェインには軽いとは言え、依存性があるものですから、やはり急激にやめてしまうとストレスと感じてしまうかもしれません。ストレスは妊娠維持に大敵です。

せっかくカフェインを止めたのに、ストレスを抱えてしまうのは良くありませんので、計画的に妊娠する際には、少しずつカフェインの量を減らしていって、カフェインが無くても大丈夫になった時に妊娠するというのが理想的かもしれません。

■カフェインがもつ流産リスク

カフェインの摂取は流産リスクを高めてしまうというデータがあります。

アメリカにおける研究データによるとカフェインを1日に200mg以上摂取していると、流産の確率が2倍になったという報告があります。

分かりやすい例で例えると、コーヒー約2杯分で200mgに達してしまうということになりますが、コーヒー好きの方であればこれくらいの量は当たり前のように飲んでしまいたくなるのではないでしょうか?

カフェイン自体、胎盤を通過しますので、胎盤を通じて胎児に悪影響を及ぼすのではないかと予測されています。

流産にはならないとしても、胎児に何かしらの影響がある可能性も示唆されているので、やはり上限を超えて摂取しない方が良いということが分かります。

だからと言って、急に全くゼロにするという必要性は無く(むしろ普段の生活の中で全くゼロにするのは難しいと思われます)、上限となる“200mg”を超えての摂取を避けるようにしましょう。

■「流産リスク」を低減させるための生活習慣

流産のリスクとしては様々なものが挙げられますが、やはり普段の生活の中で一般的に“身体に悪い”と言われるものは、やはり妊娠維持に好ましくなく、カフェインのみならず、喫煙や飲酒、薬剤の摂取(妊娠維持のための薬剤は除く)、ストレス、冷えなどには、注意する必要性があります。

しかし、全部が全部生活習慣が原因で流産してしまうというわけではありませんので、あくまでも“流産リスクの低減”と言う視点で見るようにして下さい。

記事:川上智史医学博士の記事より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不妊治療中の方にも

東洋医学的に言ってもコーヒーは

陰性の飲み物。

現在は日常生活に溶け込んでいますが、

南国で作られ、暑い国の人たちが身体を冷やすための飲み物です。

あくまで嗜好品。

こちらにお越しの方には伝えていますが、不妊の方は、陰に偏り過ぎている人が多いんです

コーヒーだけでなく、お茶や砂糖やチョコレートなどのお菓子も陰になる原因。

陰のものはいくらホットにしても、本質的には身体を冷やすもの。

そういったことから、陰陽のバランス、身体のバランスが崩れていくんですね。

コーヒーに限らず、この食べ物は、この飲み物は「健康にいいから!」とテレビや雑誌で取り上げらてはスーパーから姿を消す時代。

情報に流されず食べ物の本質を見極めて、食生活も見直せるといいですね。

 

en-happinessホーム自己紹介アクセスご予約フォーム

11~20時(セッション開始時間) 年中無休
大阪市天王寺区生玉町1-26
谷町九丁目 徒歩1分/大阪上本町 徒歩5分

大阪市(旭区、阿倍野区、生野区、北区、此花区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区)、堺市、八尾市、岸和田市、池田市、箕面市、大東市、四條畷市、柏原市、富田林市、守口市、枚方市、門真市、寝屋川市、交野市、東大阪市、吹田市、茨木市、豊中市、高槻市。京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県からお越し頂いています。