日本産科婦人科学会の倫理委員会は12日、不妊症の患者らの卵巣組織を取り出し、一部を自身の卵子に移植して若返りを試みる臨床研究を認めたと発表した。
大阪府内のクリニックが実施する。
海外ではこの方法での出産例があるが、妊娠率が上がるかどうかははっきりしていないという。
臨床研究では、患者の卵巣組織の一部を腹腔(ふくくう)鏡手術で取り出し、細胞に必要なエネルギーのもとを作るミトコンドリアを抽出する。別に取り出した本人の卵子に、精子とともに注入して体外受精させる。
ミトコンドリアは卵子の老化と関係があると考えられており、別の細胞からミトコンドリアを移植することで、受精する確率や妊娠率をよくすることを目指す。カナダやトルコなどで200回以上実施され、20人以上の赤ちゃんが誕生しているという。 (朝日新聞デジタル2015年12月12日より抜粋)

医学、科学が進歩することにより、さらなる可能性が拡がることと思います。
上記に出てくるミトコンドリアは、細胞内に存在するものでエネルギーを作り出す大切な役割のものです。
加齢や何らかの原因でそのミトコンドリアの元気がなくなり、それを改善するため移植という方法を用いられるというわけです。

自分の組織を使うというのは、安全性が高くすばらしいですね。
しかし、ただ医療に任せるだけでなく、その自ら使う自分の細胞一つ一つをより良い状態にするのは自分自身です。

食べ物、呼吸、運動、睡眠、思考・・・見直すことはたくさんあります。

200回以上実施され、20人。多いとみるか、少ないとみるか・・・
もしこういった治療が拡がったとしたとき、この20人になるために上記の日常の生活を見直す、それは明日から、今からできることです。当院では、そのサポートをできるだけさせて頂きます。

今からはじめてみませんか?

en-happinessホーム自己紹介アクセスご予約フォーム

11~20時(セッション開始時間) 年中無休
大阪市天王寺区生玉町1-26
谷町九丁目 徒歩1分/大阪上本町 徒歩5分

大阪市(旭区、阿倍野区、生野区、北区、此花区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区)、堺市、八尾市、岸和田市、池田市、箕面市、大東市、四條畷市、柏原市、富田林市、守口市、枚方市、門真市、寝屋川市、交野市、東大阪市、吹田市、茨木市、豊中市、高槻市。京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県からお越し頂いています。