感覚

不感症というと、

『性的な刺激に対して何の興奮も覚えないこと』と言われています。

 

その「不感症の人が多い?」というタイトルですが、

ここで取り上げるのは【性】のことだけではありません。

 

未妊(不妊)の方へ向けての施術をしていて感じるのは

自分の身体のことを感じられない人が、とても多いように思います。

 

「今、どんな感じですか?」

 

 

 

皆さんこたえられましたか?

「どんな感じと言われても、別に・・・」という方が多いのではないでしょうか。

安心してください。

セッションで皆さんに聞くのですが、はじめの頃はこたえられない人が多いですので・・・

・呼吸が浅いのにも気づけない。

・肩がこっているのに、コリを感じない

・歪んでいても歪みを感じない

・お腹が冷えているのに気付いていない

・力がすごく入っているのに、それにも気づいていない

・感覚よりも、思考、知識と頭ばかり使ってしまう

という方もおられます。

 

 

勉強、仕事、人間関係・・・

幼少期から危機的なことに対してココロとカラダが壊れないよう、

自分を守るために無意識にしていることなのでとても大切なことです。

 

ですが、妊娠し、出産し、子育てをしていくには

その状態ではいけません。

子どもを守るために、

より健康的な身体、

さまざまなものを感じられる感覚であってほしいと思います。

感覚は数値ではかれるものでも、目に見えるものでもないのでとてもわかりづらいです。

ですが、とても大切。

妊娠中の食べ物も、感覚を大切にして選ばなければいけないし

出産後も、赤ちゃんの顔色、体温、しぐさ、動き・・・

しゃべれないし、一人では生きていけない子どもを自分の感覚をフルにいかして守ります。

 

健康診断で異常がなかったから、病気ではないから

子宮や卵巣に血液検査で異常がないから

「健康」ではないのです。

 

私のところでは、セッションを通して身体の調整と共に

「感じる」ことを取り戻していきます。

自分の今の呼吸、姿勢、動き・・・

 

そうすることで、自分にとっても、赤ちゃんにとっても心地よい場所がみつかります。

不感症から卒業しませんか?

体験セッションで、体感してみてください

en-happinessホーム自己紹介アクセスご予約フォーム

11~20時(セッション開始時間) 年中無休
大阪市天王寺区生玉町1-26
谷町九丁目 徒歩1分/大阪上本町 徒歩5分

大阪市(旭区、阿倍野区、生野区、北区、此花区、城東区、住之江区、住吉区、大正区、中央区、鶴見区、天王寺区、浪速区、西区、西成区、西淀川区、東住吉区、東成区、東淀川区、平野区、福島区、港区、都島区、淀川区)、堺市、八尾市、岸和田市、池田市、箕面市、大東市、四條畷市、柏原市、富田林市、守口市、枚方市、門真市、寝屋川市、交野市、東大阪市、吹田市、茨木市、豊中市、高槻市。京都府、奈良県、兵庫県、和歌山県からお越し頂いています。